OFFICIAL BLOG オフィシャルブログ

【フェア生地紹介】カルロバルベラ(CARLO BARBERA)

皆様、こんにちは。

ファイブワン大阪本店の中村です。

昨日の福岡店に引き続き3月1日からスタートする、
2018 SS先行フェア対象生地の紹介をしていきます。

 

【期間】
2018.03.01~03.18

【フェア価格】

スーツ:¥109,000+(tax)→¥95,000+(tax)

スリーピース:¥128,000+(tax)→¥114,000+(tax)

ツーパンツ:¥145,000+(tax)→¥130,000+(tax)

ジャケット:¥79,000+(tax)→¥70,000+(tax)

パンツ:¥36,000+(tax)→¥31,000+(tax)

ベスト:¥31,000+(tax)→¥28,000+(tax)

 
今回ご紹介するのは、
イタリアのカルロ・バルベラの生地です。

1949年創業、イタリア(ビエラ)の名門カルロ・バルベラ社は、
ここ数年はメディアなどでも多く取り上げられるようになりましたが、
まだまだゼニア、ロロピアーナと比べると日本では
マイナーブランドかも知れません。

「羅紗の宝石」と呼ばれるような美しい色使いで、
世界中で人気の高級服地ブランドでございますが、
儲けの為に質を落とすようなことは決してやらない、
モノづくりに対する強いこだわりが
なんとなく日本人好みな気がいたします。

バルベラ社のモノづくりの最大の特徴は
「織られる前の糸そのものを寝かす」という所にあります。

オーストラリアのウールオークションにて
厳選して買い付けられた糸は生地として織る前、
バルベラ社の地下倉庫で一度寝かされます。
この地下倉庫は、糸の緊張を解くため、
1年中の気温は約7度、湿度は75%に保たれており、
この工程が「ただの生地」を「バルベラの生地」
にするために重要な工程になり、
独特のふっくらした生地感を生み出すのです。

 

 

ちなみにファッション業界ではバルベラと言えば、
自身のブランドを立ち上げ、ファッショニスタとしても
有名なルチアーノバルベラがおりますが、
彼は創業者カルロバルベラの長男にあたります。
ルチアーノはバルベラのオーナー兼デザイナーでもあります。
なんとまぁファッションの感性に秀でた一族ですね。

 

こんなに素晴らしい生地屋さんなのにどうして
あんまり知られていないのかと言いますと、
なんといっても企業規模が小さいのです。

糸から厳選し、工程にここまでこだわると
生地を織れる量は当然限られますし、バルベラ社としても
よいモノづくりにこだわっていられれば
そこまで大規模化しようと考えていないのかもしれません。
この辺りを想像するのに有名なバルベラ本人の説明があります。

「自動車メーカーに例えると、ゼニアやロロピアーナが
メルセデスやBMWなら、我々(バルベラ)は
ロールス・ロイスを作っているんだ・・・。」

さすがに少し極端な気がしないでもありませんが、
自分たちこそ織物の最高峰だという誇りを感じさせる
セリフではないでしょうか。

barbera2
さて、まだまだお話したいことがあるのですが、
後はまた別の日にさせて頂き、
少しだけ生地も見て頂きましょう。
宝石に例えられる上質さ…もし皆様に伝わっていななければ
私の撮影技術の問題です。
申し訳ありません…。

こちらのスーパー140‘sの生地。実際触れてみると
「あれ?他のブランドの生地のスーパー140’sとなんか違う」という感覚がします。
目付の割にしっかりした生地感で、イタリア生地っぽい艶だけでなく、
英国生地のようなコシを感じます。

 

barbera3

ひとたび流行れば名前だけスーパ〇〇と謳って、
ただ柔らかいだけのスカスカ・テロテロの生地も沢山でてしまうのが
業界の怖い所ですが、そんなものには流されず、
スーパー140‘sという繊維のポテンシャルを
最大限に生かすつくりになっているのです。
細くて上質な繊維をたくさん使って柔らかさと強度を高いレベルで
ミックスさせたバルベラの生地、この機会にぜひお試しください。

些細なことでも御相談ください、お待ちしております。

各種お問合せは下記まで。
–TEL–
03-6263-0688 ファイブワン銀座本店
06-6136-6169 ファイブワン大阪本店
092-406-3235 ファイブワン福岡店
–お問い合わせMail–

コンタクト


–Instagram–

https://www.instagram.com/fiveone_official